古知谷 阿弥陀寺 如法念仏道場
  • 阿弥陀寺の縁起
    光明山法国院阿弥陀寺は慶長14年 (1609年)3月、弾誓上人が開基なされた如法念仏の道場です。
    弾誓上人は、尾張の国海辺村に生まれた方ですが9歳の折りに自ら出家し、美濃の国塚尾の観音堂に参籠し、さらに同国武芸の山奥において念仏三昧、二十余年の修行を積みました。その後、諸国行脚で各地を回って苦行修練を重ねた末、ついに佐渡島の檀持寺において生身の阿弥陀佛を拝し得ました。そしてそこで授かったのが他力念仏の深義と、帰命十方西清王法国光明萬正弾誓阿弥陀佛という尊号です。
    その後、上人は信濃の国の唐沢山および相模の国塔の峰において法益をすすめていましたが、ようやく時節が到来して、最後の修行の地、古知谷へ赴きました。上人が京都の加茂川の大橋にさしかかったときに遙か彼方に瑞雲のたなびくのを見て、その瑞雲の発するところ古知谷の地に至り、ここを最後の修行の地と定められたといわれています。
    古知谷に入った上人は、山中深く分け入り、岩穴に住し念仏三昧の日々を送っておりましたが大見近江国伊香立村の人達との御縁で、この地に一寺を建立し、本尊佛としては、上人が求め続けた人間としての理想像を草刈り鎌にて刻み、自身の頭髪を植え、これを本尊として本堂に安置し、寺の名を「光明山法国院阿弥陀寺」と付けました。
    弾誓上人は、この阿弥陀寺に在住して、4年後の慶長18年(1613)5月23日正午、62歳で入定示寂なされました。
    この弾誓上人におくれること百年、近江の国平子山にあって念仏三昧を続けていた澄禅上人は、弾誓上人の行跡を慕って当山に入り、本坊から4町ほど上の岩穴にて常座不臥称名念仏すること5年の後、享保6年(1721)2月4日に入定した。時に70歳。
    なお、弾誓上人のご遺骸は石棺に納め本堂脇の厳窟にミイラ佛として安置されていることでも有名なお寺であります。また、本堂には、「重要文化財」の木彫り阿弥陀如来座像が安置されてあります。

  • 阿弥陀寺の山門
    独特の形状をした山門が印象的です。古知谷バス停直前の山門からご本堂までは急な山道を、六丁(654米)。
    山門への入り口の石碑。一流本山、洛北大原。如方念仏道場。および距離標

  • 阿弥陀寺の四季
    山寺ムードたっぷりの閑寂境。大原の奥座敷にひそむ紅葉の名所です。
    往事とは異なり、山門入り口下の若狭街道を終日自動車の往来が激しい今日ですが、しかし当寺領内は、開山上人が独座幽棲の地として選ばれた当時の霊域の趣をそこなってはいません。
    亭々とそびえる老樹が全山を覆っていますが、ことに当寺の紅葉は有名で、高雄、嵐山などと紅葉の名所は京都に多いのですが、ここ洛北に秋を告げてくれるのは、古知谷阿弥陀寺の紅葉の名木であります。
    参道南側にある天然記念物(樹齢800年)の老木を中心に、300近いカエデが江戸時代から古知谷の秋を彩っています。小知谷カエデの特徴は葉が極めて小さく紅葉の彩りが素晴らしいことです。
    冬になると、葉の落ち小枝に雪が降り積もり、その情景は別世界の趣がありますが、参拝するには少し厳しいものがあります。
    春、4月下旬頃より芽を吹き出した新緑のすがすがしさを求めて、拝観の人達もすこしずつ登ってこられますが、当寺の静寂さは失われることはありません。

  • 実相の滝
    麓のバス道路から急峻6百米のために水道の引き込み不可能、現在でも阿弥陀寺の生活用水は実相の滝の水を使用。
    奥深い山からの湧き水は滝となり枯渇したことがない。清冽な水は実に美味しくこの水で点てたお茶を宝物殿で戴くことができます。

  • 本堂への参道
    本堂への最後の登り道。現在ではご住職が参詣人の安全のためにご自身で作られた脇道が利用できます。

  • 本堂正面の本尊佛
    本堂正面の宮殿に安置されている本尊佛は、人々が弾誓上人に永住を懇願したところ、上人は人々の願いを聞き入れて自ら霊木を切って草刈り鎌で自像を刻みさらに自身の頭髪を植えられました。現在でも頭の両脇の耳のところに上人の頭髪が残っております。
    当寺は浄土宗でありながら阿弥陀仏と同様に開山の弾誓上人を弾誓佛として本尊としているところに、一流本山といわれるゆえんがあるのです。

  • 阿弥陀如来座像
    正面向かって右側に安置されている阿弥陀如来座像は鎌倉時代の作で、以前は国宝でありましたが、昭和25年8月29日付けで重要文化財に指定されています。このお姿を上品上生の印相と言い、真実の心で深く信ずる心をもって浄土往生せんと願う人々を迎える阿弥陀佛のお姿であります。
    また明恵上人の作とも言われています。

  • 石廟
    石廟の奥ににある岩屋は、この山寺で修行していた僧達により掘られたものです。
    正面に置かれた石館は信者の人達によって収められたものです。
    開基弾誓上人は穀断ち塩断ちのすえ、松の実、松の皮を食べ体質を樹脂質化して後、念仏三昧をもって生きながら石窟の二重の石棺の中に入り念仏の声が聞こえなくなった時、空気穴を密閉し、
    現在でも開祖弾誓上人の「ミイラ佛」として端座合掌の相で安置されています。

  • 宝物殿
    平安時代の花喰い鳳凰八稜鏡、弾誓上人ご常用の法衣などの遺品、仏具や修行の時使用された道具が展示されているほか、皇室から賜った多数の宝物が陳列されています。

  • 皇族諸家との由緒
    有栖川宮、閑院宮両御祈願所。

  • 境内3景
    五智如来
    石庭
    境内の奥を望む


  • ご住職と案内して戴いた山西氏に感謝
    京都宝ケ池プリンスホテル専属の観光個人タクシー山西哲夫氏は仏像に趣味があり京都観光案内のベテランです。
    阿弥陀寺のご住職ともご昵懇で、お陰様でかねてより念願の阿弥陀寺を心ゆくまで拝観することができ心を洗われる思いがしました。
    観光個人タクシー山西哲夫氏 Tel:(075)701-5857, 携帯電話 030-61-87563。
    なお、上記に記載の資料は、山西氏の口頭説明および阿弥陀寺で拝観時に頂戴した資料、ならびに寺内各所に掲示されていた資料などを取りまとめたもので、ここに厚く御礼申し上げます。

  • 古知谷阿弥陀寺への交通
    京都駅方面から阿弥陀寺に参拝される場合は、京都バス又は、市バスにて大原までこられ、そこから京都バスの小出石ゆき、滋賀途中ゆき、梅の木ゆきのいずれかに乗り換え、小知谷(こちだに)下車です。
    〒601-12 京都市左京区大原古知平町
    電話 (075)744-2048
    拝観時間 09:00〜16:30
    宗派 浄土宗