埼玉県 秩父札所第19番 龍石寺


photo1 photo2
この札所は大きい一面の岩盤上に建てられて
おり観音堂は七間半四面表流れの向拝を附し
た方形造りでありましたが近年堂の荒廃を憂
い廣く浄財を募り解体復元を目されていたと
ころ宝永2年の墨書が発見され歴史の深さを
物語っている。屋根のみ修復された一番古い
建物です。堂内には閻魔をはじめ15像など
冥土の恐怖を強調するものや、三途の川の
脱衣婆をまつる三途婆堂もあって仏教の暗
い一面を見せる札所でもある。
本尊は千手観世音座像で高さ49糎寄木造り
で町時代の作と言われています。
昔、この地方に大干魃があったが弘法大師は
天皇の勅により雨を祈られたところ、この大
盤石が二つに割れて、神泉苑より龍が昇天し
雲を呼び雨を降らせて人畜草木みな蘇り大
豊作を得たという縁起があります。
秩父市指定史跡。
秩父札所第19番飛淵山龍石寺。